カテゴリー別アーカイブ: KAKOのひとこと

絵本『空飛ぶ猫』について

絵本『空飛ぶ猫』は、空を見るのが大好きな茶虎の猫トビーが主人公です。
空を眺めていると、心が大きく広がっていくような気がするのです。
そして、いつの間にか「あの空を飛んでみたい」と思うようになるのです。
どうしたら、空を飛べるのか、毎日考えていました。「そうだ、小鳥たちに聞いてみればいいんだ」と思い付いたトビーは、小鳥たちに「空を飛ぶ方法を聞こうとしますが、トビーが怖い小鳥たちは、飛び立ってしまいます。
トビーは空を飛ぶことができるでしょうか?

1、夢を追うことや身近な愛をテーマにした理由は?
人は誰でも夢をもって生きています。小さいときは、「バレリーナになりたい」とか「医者になりたい」とか「歌手になりたい」とか、平気で人に話します。ですが、大人になるにつれ、「なれっこない」「恥ずかしい」と思い出し、人に自分の夢を語ることがなくなります。
語らなくても、心の奥底にはみんな夢をもって生きていると思います。夢がなくては生きていけないと思います。
愛も同じです。愛と夢は人が生きていくうえでとても大切なもの。人生に潤いを与えるものだと思っています。

2、猫が空を飛ぶという発想は、どのように得たのですか?

私は空を見るのが今でも大好きです。猫も大好きです。犬も好きですが、猫派か犬派かと聞かれれば、猫はでしょうねえ。好きなものを空と猫を掛け合わせたら『空飛ぶ猫」が出来上がりました。

 

3、トビーは最終的にサーラと暮らすことを選びますが、このラストの意図は?
やっぱり猫は猫ですから。「空を飛びたい」という見果てぬ夢がかなったとき、自分の一番大切なものが何なんのか気が付いたのです。

タイトルは忘れましたが、映画でもあると思いますが、社会的に大成功しておお金持ちになったけど、家族がいなくて寂しいとか。
夢と愛は人生にとって欠くべからざるものだと思います。
何かを成し遂げようと思っているとき、そのことに夢中になってしまうと、周りのことが見えなかったりします。でも、そのくらい一心不乱に取り組まないと、夢の実現はできないですよね。トビーは、空を飛ぶ夢を果たしてサーラが一番大切な人、猫だと気が付いたんですね。だから、サーラを選んだ。ですが、せっかく手に入れた空を飛ぶ力は手放さず、月夜の晩に猫が飛ぶ。

4、児童文学や絵本のどんなところに魅力を感じたか?
そもそも私は書くことが好きでした。いつか作家になりたいと中学生の時から思っていました。本を読むのが好きでした。ですが、小学六年生まで、本の楽しさは知らなかったんです。6年生の時盲腸で入院して、親が怪人十面相の本を買ってきてくれて、明智小五郎という探偵シリーズなんですが、面白くて夢中で読みました。そこから本の面白朝にはまり、中学、高校では夢中で本を読んでいました。
作家を志していて、下手な小説とか詩を書いては友達に読ませていました。友達にとってははた迷惑だったかもしれませんが、続きものにして書くのを楽しんでいました。
やがて就職して、結婚して、子どもを産むのですが、子どもが生まれてから絵本の読み聞かせを毎日するようになり、子どもの成長につれて児童文学の読み聞かせをしていて、児童文学の魅力にはまりましたね。とくに「ナルニア物語」「トムは真夜中の庭で」「ゲド戦記」数え上げればきりがないくらい、いい作品に出合いました。
子どもがわかる言葉で、人生の真理を伝えています。奥が深いですよ。

5、大人が絵本や児童文学を読む楽しみについて、どのように考えているのか?

大人が読んでも十分楽しめます。先ほども言ったように人生の真理をやさしい誰でもわかる言葉で世界を描いていますから。ですから、皆さんにも児童文学を読んでいた抱きたいですね。心の癒しにもなると思います。安房直子さんの「はなまめがにえるまで」「泣いた赤鬼」「もちもちのき」などなど。

6、物語制作の楽しみや大変さを聞きたい
ものがたりを作るのは、とても楽しいです。そこに世界を作るのですから。創造主ですよね。登場人物のキャラを考えたり、舞台設定したり、楽しいです。苦しいのは全くイメージが浮かばないときですね。
創作のために、本はたくさん読みます。本を読むことでボキャブラリーが豊かになります。絵画展もよく見に行きます。旅行も好きですね。きれいな景色を見ることで癒されますし、創造の刺激になります。これからもいい作品を書いていきたいですね。

 

やればできる!

やればできる! 今7日間ユーチューブの勉強会に毎日参加しています。
課題のユーチューブのサムネイルを作ってみました。
機械音痴の私でも、やればできる!

凝ったデザインはできませんが、単純明快なものですが、できました。

これから練習を続けて、もっと良いものを作れるようになりたいです。いや、なります。

明日は某企業のホームページ上での私の絵本『空飛ぶ猫』の朗読ライブとトークライブ。これから少し朗読の練習をして、トークの原稿を作成してから寝ます。

やればできるを実感しました!

あなたも苦手意識を克服しませんか? できないんじゃないんです。やらないだけです。やり方を学べば何でもできるようになります!

めちゃめちゃうれしいこと。ヨガ講師冥利です。

いつも私のページに来てくださるあなた、ありがとうございます。

今日はめちゃめちゃうれしいことがありました。大空に向かってジャンプしたいくらい。

今日はノアスタジオ都立大学店でのレッスン。ビューティデトックスレッスン。一杯動くレッスンです。
今日は体験の方がおひとり。総勢14名参加。すでにノアスタジオの会員のお母さまに連れられて20代のお嬢さんが体験参加。若いということは素敵なことですね。ヨガ初めてなのにしなやかに動いていました。ヨガウエアもばっちり決まっていました。体験なのに、しっかり素敵なウエアを購入。こういう人は、ヨガが続きます。

さてさて、めちゃめちゃうれしかったのは、、お嬢さんを連れてきてくださったお母さまとも初めましてでした。ですが、新宿ノアスタジオの私のオンラインレッスンを毎日見て一緒にヨガをやっていたそうです。それでリアルレッスンに参加してくれたのです。

ヨガ講師冥利に尽きます。オンラインレッスン侮れません。

新宿ノアスタジオでは、オンラインヨガレッスンは受け放題です。ご興味ある方はノアヨガスタジオで検索してみてくださいね。

さらにさらに、私のホームページKAKOYOGAもよく見てくれているそうです。

まだ、申し込みは来ていませんが、12月12日(土)太陽礼拝108回参加したいと言ってくださいました。お母さまは、残念ながら、お仕事だそうですが。

今日はいい気分で眠れます。

閉塞感、絶望感を明るい未来にかえましょう!
希望をもって。
希望とは、未来を信じて挑戦し続ける勇気です!

12月12日(土)9時30分から12時30分まで 太陽礼拝108回をやります。

南大沢市民ンセンター第一会議室

ヨガマット持参。マスク着用

参加費 4000円。

月曜日14時30分の顔ヨガレッスンで素敵な笑顔を手に入れてください

いつも私のページに来てくださるあなた、ありがとうございます。

東京のコロナ感染者増えていますね。それぞれが手洗いうがいマスク着用など気を付けていきましょう。

昨日今日と9月の陽気。暖かったですね。

KAKOYOGAでは、定員6名から5名に減らし、窓を開けて換気をしてマスク着用でレッスンを行っています。安心安全を心がけていますので、安心してレッスンに来てください。

さて、今日は顔ヨガについてお話します。

現在kAKOYOGAスタジオでは、顔ヨガは月曜日14時30分から15時40分までと土曜日14時30分から15時30分までの2レッスンやっています。月謝で通っている生徒さんはいないので、ほぼ毎回マンツーマンレッスンになります。ぜひ、来てください。

 

私たち日本人は、欧米人に比べて顔の表情が乏しいといわれています。言語の関係もあると思います。顔の表情を動かす筋肉は大きく分けると30種類上です。表情筋は皮膚に付着している筋肉で、通常の生活では20~30パーセントしか使っていないといわれています。使わないでいると筋肉が衰えて、顔のたるみやしわになります。

顔ヨガでは、表情筋をしっかり動かすことによって顔のしわやたるみを予防します。

若いときの写真と今の写真を見比べてみてください。目の大きさが違いませんか?

若いときは、目がパッチリしていませんか? 個人差があります。あくまでご自身の若いときと今です。

 

その原因は目の周りの筋肉眼輪筋の衰えです。眼輪筋をしっかり動かすことで目がパッチリします。

顔周りのリンパの流れをよくすることで、お肌の色つやがよくなります。

女性ホルモンの分泌をつかさどる視床下部は、ストレスの影響で機能が乱れます。つまり脳をリラックスさせることで、視床下部も正常に動き、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促し、お肌が美しくなります。ヨガの呼吸と瞑想で脳をリラックスさせましょう。

まずは、呼吸法と瞑想で脳をリラックスさせてから、表情筋をしっかり動かし、小顔になりますよ。

あなたもKAKOYOGAの顔ヨガレッスンで素敵な笑顔を手に入れてください。

人生の名優になろう!

いつも私のぺージにきてくださっているあなた、ありがとうございます。

あなたも名優になりませんか? えっ、今更、女優になるなんて無理!なんて言っているあなた! 大丈夫です。女優になれます。
えっ、美人でもないのに?

そう驚かなくても大丈夫です。誰でも女優、俳優になれます。テレビや映画の中ではありません。

ご自身の人生の中で女優、俳優になりましょう。

人生って楽しいことばかりではありません。どちらかというとつらいこと、苦しいことのほうが多いかもしれません。つらいとき悲しいとき、苦しいとき、あたかも上祐になった気分で、悠々と演技をするがごとくその困難、つらいこと、苦しいことを笑顔で乗り越えていけばいいのです。

私の読書は今、「ゲーテとの対話(下)』エッカーマン著 岩波文庫 を読んでいます。
まるでドイツの大文豪ゲーテと対話しているような感じで、ゲーテ先生からいろいろ教わっているような感じで読み進めています。

この本で知ったことは、ゲーテは政治家で作家であっただけではなく、俳優の養成や舞台演出、監督も務めていたことを知りました。天は人に二物も三物も才能を与えてしまうんですね。

というか一つの道に精通した人は、ほかの道でも精通するということでしょう。

『ファウスト』ゲーテ作を先々月お神酒ったのですが、『ゲーテと会話』を読んでから、『ファウスト』を読んだら、もっと深く作品を理解できたと思いました。

話をもとに戻します。みんな女優、俳優になろうに戻ります。

優れた演出家でもあったゲーテは、俳優を選ぶ際の基準について、本の中でこう言っています。
「何をおいても自制心を持っているか否かを見た。なぜならば、一行、自分の制御もできず、他人に対して、最も好ましいと思うところを示すこともできないような俳優は断じてものにならない。俳優という職業に徹底するには、絶えず自分自身を無にしていかなければならない」(「ゲーテとの対話 下」エッカーマン著)

俳優だけではなく、私たちも自分の人生において名優になるためには、自分の人格を磨き上げていかなければならないと思います。

たった一度きりの人生ですもの、うれしことも悲しいことも苦しいことも波乗りをするがごとく楽しんでいきましょう。

12月12日(土)太陽礼拝108回をやります! 今年一年のデトックスをしませんか?
来年は希望溢れる年にしましょう!
9時30分から12時30分まで 南大沢市民センター第一会議室にて
参加費 4000円 ヨガマット持参
参加希望の方はご連絡ください。kazukomorimoto@gmail.com
https://perichi.com/landing_pages/view/kakoyoga