カテゴリー別アーカイブ: KAKOのひとこと

今日は今週読んだ本のお話です

いつも私のページに来てくださる皆様、ありがとうございます。

10月12日から19日までインド・リシケシヨガリトリートに行きます。

が、🌀台風19号が来ています。当初は関東には13日ということでしたが、早まり12日朝から大荒れの模様との予報です。飛行機もANAが国内便はすべて欠航、欧米便も欠航する予定だとか。

12日インド行きの飛行機は飛ぶのでしょうか? すごく心配です。私一人なら、「1日遅れちゃうなあ」ですが、同行者4名がいます。できることなら、無事に予定通り行きたいです。

晴れ女の私ですが、大型台風には勝てそうにもありません。ですが、諦めずに、無事に予定通り行けることを祈ります。

さて、今日は今週読んだ本の話です。
今週は3冊並行して読みました。といっても3冊同時ではなく、レッスンに行くときに持ち歩いて読んだ本『魔女モティ』講談社 柏葉幸子、夜寝る前に読んだ『きみはいい子』ポプラ社 中脇初枝著、『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』光文社 モーパッサン著

時間を変えて3冊読みました。図書館で借りてきた本ですが、すべて当たりでした。モーパッサンは、作家の友人に勧められて、読みました。『脂肪の塊』は、人間の醜いエゴイズムをと描いていました。『魔女モティ』と『きみはいい子』は、図書館で何気なく手にした本です。大当たりです。面白く現代の児童虐待を取り上げて書いています。『魔女モティ』では、ファンタジーですが、さまざまな家族の姿を書いています。虐待されている子もさりげなく書いています。
他人同士でも一緒にお互いを大切に思って暮らせれば、家族です。虐待されている子は、逃げる場所があれば、逃げるべきです。
命ほど大事なものはありません。虐待されている子は、自分が悪い子だと思ってしまうようですが、虐待する親が悪いのです。もし、近所に虐待されている子を見つけたら、「あなたはいい子」と言って、抱きしめてあげましょう。
現代におきている問題を切り取り、解決方法の一つをさりげなく物語の中で提示しています。

二人の女性作家に拍手を送ります。いい作品でした。

皆さんは、読書していますか? 本を読むことは心を磨くことに役立ちます。お忙しい毎日の中に5分で10分でも読書の時間を作りませんか?

肩がこったら、KAKOYOGAで肩こり解消しましょう。

12月7日9時半から12時半まで太陽礼拝108回をやります。京王線南大沢駅徒歩3分の会場です。
ご予約いただいた方に詳細をお知らせいたします。
定員30名。

ネイルをすると気分が上がります。

いつも私のページに来てくださっている皆様、ありがとうございます。

秋ですが、今日も夏のような暑さですね。体調を壊さないように気を付けてくださいね。
夏の疲れが出るときでもありますので、上手に体を休めてくださいね。
私は今、お昼寝にあこがれています。
お昼寝は高級マダムの特権かもしれませんね。お昼寝したい!

さて、久しぶりにネイルをしました。ネイルをすると気分が上がります。洗い物やお料理をするときも自分の手先が見えますから、楽しいです。
10月12日から19日までインド・リシケシにヨガリトリートに行くので、ちょっとおしゃれしてみました。足には少々派手なオレンジのネイル。
髪も短く切りました。今からインドに行くのが楽しみです。
でも、遊びではなくヨガアシュラムに泊まり、朝5時から瞑想、アーサナ、夕方アーサナ、瞑想です。お昼は自由なので、ラクシュッマンジュラの市場を散策しつつお買い物したり、アーユルヴェーダーのマッサージを受けたり、ガンジス川ラフティングをしたり、山に登り、滝行をしたり、ヴァシスタの洞窟で瞑想したり、ヨガを深めつつもお楽しみもあります。
アグラーは完全な観光です。満月の晩のタージマハールを見学。幻想的と言われていますが、それをこの目で見たいです。5人で行きます。夜のサットサンガも楽しみです。メンバーの中には、大先輩のヨガインストラクターもいます。いろいろお話を聞くのを楽しみにしています。

 

 

12月7日土曜日9時半から12時半まで太陽礼拝108回をやります。今年の穢れは今年のうちに落として、すっきり、さわやかな新年を迎えましょう。

天使が舞う空

いつも私のページに来てくださってありがとうございます。

10月12日から19日までインド・リシケシヨガリトリートに行きます。kAKOYOGAスタジオは、その間お休みです。火・水・木に通っていらっしゃる方は、第5週レッスンをやりますので、振替をとらないで大丈夫です。通常は第5週はお休みです。
月曜日クラスの方は、10月中にご都合の良い時に振り替えをとってくださいね。

さて、インドに行く前に髪を短く切りました。短くしすぎた気もします。今回はリシケシはアシュラムに泊まるので、ドライヤーが付いていません。なので、短いほうがタオルでふくだけで乾きやすいと考えてことですが、一歩間違えば、こけしちゃんみたいになっています。

右側の写真は、まるで天使が舞っているように見えたので、パチリ。ですが、電線が邪魔ですね。
今回の台風は、千葉を直撃し、電信柱が倒れていました。電信柱を地中化していったほうが安全だと思います。美化感もいいし。行政は、多少はお金がかかるでしょうが、少しずつ、電信柱の地中化を図っていただきたいなあと感じた次第です。久しぶりにネイルもしてきました。
指先がきれいだとテンションが上がります。

人は自分とは違う。相手を理解し認めようと思うとストレスがたまりませんよ。KAKOのワンポイントアドバイスです。

今夜のアンビリーバボーに感動

いつも私のページに来てくださってありがとうございます。

 

 

さて、今日は先日観た映画『記憶にございません』草刈正雄、中井貴一、小池栄子さんらがいい味出していました。佐藤浩一、デイーンフジオカも。
映画を見ていてクスリと笑うことしばしば。テーマ直球ストレート。政治家は国民の幸せのために働きなさい。人は変われる。というもの。
笑いの中でしっかりテーマは描かれていて、さすが三谷さん。ですが、最後は大団円すぎるかなあとは思いましたが。

そして、フジテレビの『アンビリーバボー』2時間がっつり見てしまいました。やるべきことを差し置いて。で、今頃寝る直前にブログを書いている次第です。

慶応ラグビー部のお話です。ラグビー選手として期待されていた杉田さん、1年生の練習試合中に頸椎を損傷するけがをして、下半身不随の体になってしまいます。医師からは一生歩けない体になると宣告。18歳のラグビー選手を夢見る青年にとって過酷な宣告です。

夢破れ、自分の体もままならないまま、自暴自棄になりますが、必ず動けるようになると信じて動かない体を動かそうとします。そして、ある日、足の親指1本が動きます。それからリハビリをするようになります。

リハビリ病院で自分よりもっと不幸な人たちを見て、自分はまだましなほうだ。リハビリを頑張ろうと一念発起。
アメリカでの最新医療の効果もあり、杖を突きながら自力歩行ができるようになります。

大学に復帰するも、杖を突きつつゆっくりとしか歩けない自分に引け目を感じ、孤独を感じます。

ラグビー部の仲間たちは、杉田さんに連絡をとり続け、みんなの思いが通じて杉田さんは4年生の時、ラグビー部に復帰。選手としてではなく、サイドから選手を応援する立場で。

そして、それから12年後ラグビー部のみんなに助けられながら、念願だった富士登山を今年の8月に決行します。当時の監督、ラグビー部の仲間総勢80名。杉田さんは体が不自由なのでヒッポという道具を仲間たちが担いで登山。登りは険しい山道をみんなに支えられながら杖を突きつつがれきの山を登ります。下山はヒッポに乗り、みんなに担がれながら。

私も8年前に富士登山をしているので、健常者でもきつい登山です。

だいぶはしょちゃっていますが、感動の2時間でした。試合中の大けがをさせてしまったことで、周りの者も、それぞれの十字架を背負いながらの12年でした。富士登山を決行することで、それぞれの心に刺さったとげがとれたのです。

コマーシャルがなければいいのにと思いながら見ていました。生きる勇気をいただいた番組でした。再放送したら、ぜひ見てください。今夜も寝不足になりそうですが、見てよかった。

人は一人では生きていません。あなたの周りにいる人を大切にしていきましょう。

 

私の著作です。お時間るとき、気が向いたら読んでみてくださいね。最近、いろいろな方から刺激を受けて、少しずつ書き始めました。

 

 

日傘を失くした翌朝でも、笑顔で始めよう

いつも私のページに来てくださってありがとうございます。

今日は火曜日第7期生のヨガインストラクター養成講座でした。10月12日から19日までインド・リシケシヨガリートにご一緒にいくので、帰国後すぐのロープレは大変かと考え、講義内容を変えて、太陽礼拝のロープレレッスンを10月8日にしました。病理学などを後回しにして、先週レッスンプログラミング、太陽礼拝の実技などをやり、今日、さっそく、太陽礼拝のレッスンをしてもらいました。ととても上手にできました。10月8日ロープレに参加される方、楽しみにしていてくださいね。

先週の日曜日、選りすぐって買った新しい日傘をなくしてしまいました。都立大学ノアスタジオの帰りの電車の中です。気が付いたのは、地元の改札口を抜けてすぐでした。駅にすぐ折り返し、駅員さんに傘を置き忘れたことを告げて、探してもらいましたが、見つからず。ショックでした。
きっと、私のお気に入りの傘が、私が近い将来受けるであろう災厄を取り去ってくれたと思うことにしました。そう思えば、心が軽くなります。

サムエル・ウルマン作の詩をご紹介します。『青春とは心若さである』より

「たしかな処方箋」

朝 めざめたとき その日を始めるとき

この処方箋を幸せ求めて試してみたまえ

引きあうことを保証するよ

まず くちびると両目のほほえみから始めよう

それから ほがらかにおはようと言おう

君を幸せにかしこくするよ

 

いかがですか? まずは、朝起きたら笑顔から始めましょう。