カテゴリー別アーカイブ: KAKOのひとこと

母親のフィルターを通して物事を見ていた過去の自分と決別

月11日にインナーチャイルドブロックでエフカシーを上げよう!
というオンライン講座をやりました。
参加者から嬉しい感想をいただきましたので、了解を得て、アップします。
ご希望があれば、日程調整して開催します。ご希望ある方は、ご連絡ください。確実に良く変わります。
個人セッションになります。一人一人違いますから。
「KAKO先生の自己効率感を上げるセミナーを受けさせていただきました。
最初に質問に答えることで、
自分が「自己受容感」が低い事を知ることができました。
幼少期の育成環境をという事で今まで問題だと認識しつつも考えないようにしていた家族との関係をお話しし、深掘りしていただく事で、自分の今までの考えは母のフィルターを通しての解釈で自分自身の考えではないということがわかり正直「そういうことだったのか!」という納得と驚きがありました。
先生に実家に電話をするよう勧めていただき、最初は抵抗感があったのですが、ここを乗り越えないと「ビジネスで成功なんかできない」という先生の強く温かい言葉で勇気を出して電話をすることができ、自分として大きな1歩を踏み出すことができ、とてもすっきりした気持ちになっています。大きな気づきをいただいたセミナーでした。ありがとうございました。」

過去の怒りから解放される方法を教えます

 

1、過去の怒りから解放される方法

相手へのネガティブな感情、自分へのモヤモヤとした思いがうまく処理できずにいると、自己受容感が低下します。
そんな時、有効なのは自分が抱えている苦しい感情をしっかり認識すること。

→自己受容感を損なう原因となった出来事とその時の感情を思い出し、紙に書き出すこと。

 

書き出すことで抱えているネガティブな感情をしっかり認識することができます。
不思議なことに忘れたくても忘れられなかった記憶へのこだわり「ま、いっか」と小さくなっていく。
→「ま、いっか。そんな人もいるか」と、自分で許すことを受け入れたことで、気にならなくなり、怒りという感情から自由になれる。

 

明確になれば、囚われから卒業できます。

なぜ書き出すことで、いつまでも気になってことやいつも付きまとってくる不安や変化が生じるかというと、私たちの脳は、ぼんやりと気にかかっていること忘れられず、きちんと整理でき、区切りがついたことは忘れられるという性質があるからです。

人間は区切りをつければ、忘れられます。

私たちは、『忘れたい』「こだわりたくない」と意識していることは、『忘れられず』「「こだわってしまう」のです。自己肯定感が下がっていると、ネガティブな出来事への反応が強くなるので、ますます忘れられなくなる。自分で目視することで、「忘れたい」「こだわりたくない」出来事と、その時抱いた感情が明確になります。
すると、明確に意識したことで忘れやすく、手放しやすくなる。
そうやって、悩みを乗り越える経験によって、自己受容感も回復します。
「ネガティブな感情を抱くのは当たり前」「そんな自分を受け入れられる」「自分は乗り越える方法を知っている」といった心境になり、「だから大丈夫」と思えるようになります。

 

自分の力で変えられないものは、「放置しておく」過去の出来事、他者もあなたの力では変えられない。→「自分で変えられない過去は悩まない」「相手を変えることはできない」と自分で決めて納得する。私たちの脳は、「まあ、いっか」「なんとかなる」と納得したことに関しては自然と忘れていくようになっています。

「まあ、何とかなるさ!」いい言葉ですね。

KAKOYOGAでは、ヨガレッスンだけではなく、ヨガ哲学に基づいて、人が生きやすくなる方法も教えています。

いつも肩こりで悩むあなたに

いつも私のペーに来てくださるあなた、ありがとうございます。
いつも肩こりで悩むあなたに動画を送ります。お時間あるとき、動画を見ながら一緒にヨガレッスンしてみてください。

良かったら、チャンネル登録といいねもよろしくお願いします。

肩こり解消ヨガ動画で肩こりをほぐしてください

 

いつも私のページに来てくださるあなた、ありがとうございます。
この動画で肩こりを解してくださいね。
KAKOYOGAスタジオでは、コロナ対策として、4名限定でレッスンしています。

月曜日9時30分から10時40分までのリラックスヨガは満員です。他のクラスは、どこでも御参加いただけます。特に午後のレッスンはどなたもいませんので、グループレッスンのお値段でパーソナルレッスンが受けられます。
すべてのレッスン、オンラインで受けられます。

良かったら、ユーチューブのチャンネル登録といいねをお願いします。